ご利用案内

  • 外来診療について
  • 診療科部門紹介
  • 外来診療担当表
  • 各種健診のご案内
  • 医療相談室
  • 訪問看護
  • お役立ち情報
  • 交通案内
  • 関連施設

内科

当科からひとこと

内科-消化器部門は胃腸の病気、肝臓、胆嚢を含む胆道系、膵臓の病気を担当しています。循環器部門では急性心筋梗塞や重症の不 整脈など緊急性が高く生命の危険を伴うような疾患から、安静時には異常を認めないような潜在性の病気の発見まで幅広い対応を行っております。

診療体制

内科全般の診療

初めて内科を受診される患者様には、種々の角度から診察を行い疾患を特定していきます。

腹部・頸部エコー

腹部・頸部エコー

  • 肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・乳腺・子宮・卵巣・甲状腺・頸動脈流などの検査



▲ページの上へ戻る

消化器内科

上部消化管(食道、胃、十二指腸)、下部消化管(大腸)、肝臓、胆嚢、膵臓を中心に、専門スタッフの下に毎日検査・診察を行っております。

胃透視(バリウム検査)

胃透視(バリウム検査)

  • 胃炎、胃潰瘍、胃癌、ポリープ、下垂、胃の壁を這うように広がる癌、食道や胃の食物の通りなどの検査

胃内視鏡(FGS)

  • 胃炎、胃潰瘍、胃癌、ポリープ、粘膜の色調・形体の変化などを直接診る。また、組織検査が必要な場合生検を行う。
  • 内視鏡下手術によりポリープ切除などを行う。
注腸検査(バリウム検査)

注腸検査(バリウム検査)

  • 肛門からバリウムと空気を入れ、大腸のX線写真を撮る検査
  • 大腸癌、ポリープ、憩室、潰瘍性大腸炎のなど検査

大腸内視鏡(FCS)

大腸内視鏡(FCS)

  • X線透視で観察しながら、ファイバースコープを肛門から挿入して診る。
  • 大腸炎、大腸癌、ポリープ、粘膜の色調変化など直接診る。また、組織検査が必要な場合生検を行う。
  • 内視鏡下手術によりポリープ切除などを行う。

▲ページの上へ戻る

* 診療科・部門紹介ページへ戻る