ご利用案内

  • 外来診療について
  • 診療科部門紹介
  • 外来診療担当表
  • 各種健診のご案内
  • 医療相談室
  • 訪問看護
  • お役立ち情報
  • 交通案内
  • 関連施設

消化器

診療の特色

  • 正確で迅速な消化器疾患の診断と治療、患者様にもわかりやすい説明とインフォームド・コンセントを行い、患者様のQOL(生活の質)の向上を最大の目的としています。
  • 当院では、早期消化器癌に対して、積極的に食道・胃・大腸の良性あるいは悪性腫瘍を内視鏡的粘膜切除術などにより内視鏡的に治療しています。また、消化管出血の内視鏡的止血術(クリッピング、エタノール局注療法、ヒートブローベ焼灼法、アルゴンプラズマ凝固法)、食道静脈溜出血に対する結紮術、硬化療法や消化管狭窄に対するバルーン拡張術、ステント挿入術(食道・胃・大腸)を行います。
  • 消化性潰瘍や胃癌の原因となるヘリコバクター・ピロリ(HP)菌の診断、治療も可能です。積極的にHPの除菌療法を行っています。
  • 消化管の癌以外の難病である炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、便通異常を呈する過敏性腸症候群などの診断、治療も行っています。

重点的に取り組みたい病診連携

急性期消化器病疾患を中心に適切な診断、治療を行い、必要に応じ、急性期病院に速やかにご紹介する方針で診療に当たっています。また、各種内視鏡検査、腹部超音波検査などの検査のみの紹介も可能です。

▲ページの上へ戻る

検査紹介

当院の内視鏡検査は、日本消化器内視鏡学会の認定指導施設の指定を受けており、消化器内視鏡の専門医及び認定医が診察並びに治療を行います。

胃の内視鏡検査

胃の内視鏡検査

内視鏡検査では、胃・大腸の炎症・潰瘍・ポリープ・粘膜内癌など粘膜の色調や形体の変化などを医師が直接診ます。また、粘膜癌に対する「内視鏡的粘膜切除術」やポリープに対する「内視鏡的ポリペクトミー」などの内視鏡的治療を行うなど、早期発見・早期治療に威力を発揮します。


大腸の内視鏡検査

大腸の内視鏡検査

大腸内視鏡検査では、従来からX線透視で観察しながら、ファイバースコープを肛門から挿入して診てきましたが、当院では、テレビ画面を見ながらファイバースコープを大腸内に挿入できる「内視鏡ナビゲーションシステム」をいち早く導入し、被爆のないより安全な検査を実施しております。

▲ページの上へ戻る

* 内科ページへ戻る